読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどりで投資家になれた夫婦のブログ

貯金、社歴、肩書、なにもないサラリーマン夫婦が、本1冊を手にせどりを始め、月5日の活動で月商100万越え、月平均副収入20万超えを実現。赤字生活にもサヨウナラ。今では副収入のほとんどを投資にあて、資産を形成中。

行動するリスク、行動しないリスク

こんばんは。

夫婦せどらー ピラ です。

 

 

2006年、ソフトバンクボーダフォンを買収したことを覚えている方は多いと思います。

 

その買収金額は1兆7500億円。

 

もし、あなたが当時のソフトバンク社長であれば、

本当にこんな額の投資を行うでしょうか。

 

実際ソフトバンクの取締役会の中でも、揉めに揉めたそうです。

(逆に揉めない方がおかしいですが)

 

そんな中、社外取締役のひとり、ユニクロの柳井社長は

この買収を大々的に支持していたそうです。

 

そこで放った言葉が、

「買収するリスクよりも、買収しなかった時のリスクの方が大きいのではないか」

と言われています。

 

結果はみなさんご存知の通り、

iPhoneの独占販売を足がかりに売り上げを伸ばし、業界3位となり、

今でも契約数で全体の24%を占める大成功を収めています。

 

ソフトバンクはこの大成功だけに終わらず、

その後もアメリカの携帯電話会社スプリントを買収し、

最近ではイギリスの半導体大手メーカーARMを買収しました。

 

スプリントを買収した2013年以降、売上は大きく伸びました。

2015年3月期には売上8兆6700億円、経常利益は1兆円超えです。

 

今後もさらに大きくなっていくことが予想されます。

 

 

今日は何を言いたかったというと、

「行動しようと思ったなら、

スピード感を持って行動したほうが良い。」

ということです。

 

せどりに関して言えば、

行動すれば必ず商品を売ることができます。

その結果、あなたに利益が残ります。

しかし、行動しなかったら何も残りません。

「リスクがない」とおっしゃるかもしれませんが、

受け取ることができるはずの利益を、

行動しないことで受け取れないということは

立派なリスクではないでしょうか?

 

確かに、銀行の預金は減らないかもしれません。

しかし、増えもしません。

 

初期投資で最初は確かに銀行の預金は減るかもしれません。

しかし、1ヶ月経てば少なくとも10%の純利益が

銀行の預金に加算されていきます。

 

私のこのブログに限らず、

他のせどりをしている方々のブログをみれば

どなたも「稼げる」と断言されています。

 

私も同じように、せどりは稼げると思います。

(事実、私も稼いでいるので)

 

しかも驚くほど簡単に。

 

せっかく足を踏み入れかけた、

せどりとの出会いを大切にしてください。

 

行動すれば必ず結果が出るのがせどりの良いところです。

しかも、仕入れから販売して入金されるまで、

長くても2週間です。

 

結果が早く、驚くほど簡単。

 

行動するリスクよりも、

行動しないリスクが大きいと私はそう思います。

 

以上、本日のブログを読んで頂きまして、

ありがとうございます。

このブログを読んでいる方に

明るい未来が来ることを切に願っています。