読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどりで投資家になれた夫婦のブログ

貯金、社歴、肩書、なにもないサラリーマン夫婦が、本1冊を手にせどりを始め、月5日の活動で月商100万越え、月平均副収入20万超えを実現。赤字生活にもサヨウナラ。今では副収入のほとんどを投資にあて、資産を形成中。

せどりで稼いでもサラリーマンでいる理由とは

こんばんは。

夫婦でほどよくせどりを行い、

生まれた娘を楽しく育て、

投資家から篤志家を目指すせどらー ピラ です。

【ブログの要点】

・サラリーマンは社会的な信用がある

・それに比べ、本業せどらーは信用がない

・信用を使って資産を築くのが近道

 

私は幸いにも、いつ今の仕事を辞めても

生活するには困らないスキルを身に付けることができました。

この1年間せどりをやってきて、

利益を出し続けたことが何よりも自信となりました。

 

私は月収だけを考えたら、

今すぐ本業をせどりに切り替えて

今の本業と同じ時間働いた方が稼げると思います。

 

しかし、私は今の仕事を辞める気は全くありません。

 

それはなぜか。

 

せどりには来月必ず稼げるという保証もなければ見通しもないからです。

 

と書くと、

せどりは稼げないのか?」

という質問が返ってきそうですが

そんなことはありません。

せどりは常にいつでも稼げます。

 

ここでいう稼げる保証と見通しというのは、

銀行からみた視点になります。

 

そう、銀行です。

 

なぜ銀行?かというと、

資産を築く、財産を持つというときに必ずお付き合いするのが銀行です。

銀行は知っての通り、

信用がある人にはお金を貸してくれます。

逆に信用がない人には貸してくれません。

そう、融資といわれるものですね。

 

私が今後ステップアップしていこうとする計画の中に、

不動産投資が入っています。

 

不動産投資 = 不動産売買もしくは賃貸経営です。

 

話がいろいろと広がりすぎてきたのでまとめます。

私の将来の計画は下記の通りです。

1)せどりで資金を作る

2)作った資金で賃貸不動産を買う

3)さらに賃貸不動産を買う

 

私が思うに、せどりは最強の副業です。

その理由は、

1)資金がほとんど要らない

2)リターンがすぐ得られるし稼げる

3)敷居が低い ※簡単に始められる

 

ただし、副業でとしてです。

本業で行なっていくには事業の拡大として

効率化をしていかないと「死ぬまで」は厳しいと感じています。

 

ですので私はせどりを最強の副業に位置づけ、

次の本業の構築に向けて資金を殖やすことに注力しています。

 

そこで目をつけているのが不動産です。

 

不動産は資産形成の鉄板商品です。

持つことで不労所得を得ることができ、

財産になります。

たとえローンを組んで購入しても、

払ってくれるのはそこに住んでいる住人で

購入した私たちではありません。※入居していることが大前提

 

ならばどうやって不動産を購入するのか。

何千万、何億とする不動産を購入するのは気が遠くなる話です。

実際に不動産を買うのは富裕層と決めつけている人も

少なくないと思います。

 

しかし、サラリーマンでも不動産は買えます。

 

むしろ、属性としてはサラリーマンの方が向いているのです。

 

それはなぜか。

(勤めている会社の)信用があるからです。

つまり、会社が大きければ大きいほど、

社会的に信用の高い会社に勤めていればいるほど、

銀行がお金を貸してくれるのです。

 

私の同期(入社3年)の中途社員でも

福岡の高層マンションをほぼほぼローンを組み、

銀行からお金を借りて購入しました。

 

銀行が貸した理由は彼が会社に勤めており、

3年間の勤続年数があったからです。

 

実は彼、勤続年数2年の時点でマンション購入を

銀行に相談していました。

しかし、その時点での銀行の答えは「NO」。

勤続年数が融資対象の条件として合致しなかったためです。

 

しかし、時間だけ経過してしまえば

彼には簡単に1000万ほどの融資が降りてしまいました。

 

そう、彼は信用を勝ち取ったのです。

ただ会社に勤めるだけで、です。

 

ただ3年勤続すれば融資が降りるかといえばそうではありませんが、

不動産の特性上、仮に借金で購入したとしても

担保価値が残ります。

つまり、万が一彼がお金を払うことができなかったとしても、

不動産を差し押さえることで融資した金額を回収できると

銀行は考えているのです。

 

銀行も慈善事業ではありませんから、

融資した金額に対しては金利等を乗せて資金を回収します。

 

結局借りたお金は色を付けて返さなければなりませんが、

到底自分一人では準備できない大きなお金を

審査という個人評価のみで貸してくれるかもしれない存在は

私たちせどり投資家には見過ごせない存在です。

 

このシステムをうまく利用することによって、

資産を何倍、何十倍、果ては何百倍にしてきた人はたくさんいます。

 

メガ大家などという言葉を聞かれた方も少なくないでしょう。

 

5年間で資産数億もこのシステムを使えば夢ではありません。

 

銀行が貸してくれるのならば、

入居率の高い数億円物件を融資されたお金で買えば

それだけで資産総額 数億円 です。

20年かけて支払ったとしても、

20年後にはその資産は名実ともにあなたのものです。

 

私が目指しているのはこの形です。

来年あたり、購入するための資金はそろそろ準備できそうなので

今でもある場所の物件を物色しています。

 

不動産もどこの物件を買っても良いというわけではありません。

そういった情報も今後アップしていきたいと思います。