せどりで投資家になれた夫婦のブログ

貯金、社歴、肩書、なにもないサラリーマン夫婦が、本1冊を手にせどりを始め、月5日の活動で月商100万越え、月平均副収入20万超えを実現。赤字生活にもサヨウナラ。今では副収入のほとんどを投資にあて、資産を形成中。

【重要】ブログ移転のお知らせ

こんばんは^^

 

夫婦せどらーの ピラ です。

 

この度、当ブログが移転しました。

 

【移転先】

仲良し夫婦のせどり・投資通信 

 

今後はこちらのブログにて記事を更新していきます。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

【投資情報】ビットコインについて

みなさん、こんばんは^^

夫婦せどらーの ピラ です。

 

今日はビットコインについてお話ししたいと思います。

実はこれ、お正月の私の家でも話題になりました。

 

私の友人がとある宝飾店に勤めており、

お客さんが儲かる情報としてビットコインの話を持ちかけてきたそうです。

 

友人本人もかなり興味をそそられたらしく、

今回帰省した際、私に相談したかったようです。

 

それでは本題です。

 

ビットコインとはなんなんでしょう。

ビットコインは投資の対象として 「アリ」 なのでしょうか。

 

その名の通り、ネット上で使用可能な仮想通貨です。

ネットで使える会社ごとのポイントなんかとは違い、

全世界共通で使えるというのが最大の強みです。

 

もちろん、全世界共通ですので、

各国の貨幣を交換するなんてことも必要ありません。

つまり、対国別の為替レートがないのです。

 

そして、なぜこれが今もてはやされているのか。

 

ビットコインの歴史を振り返ると、

一昨年2月に一度破綻しています。

 

破綻の理由は不正アクセスにより、

売買が成立しない案件が多発したことや、

バグによりビットコインが盗まれたことが原因のようです。

 

それ以降、日本ではビットコインの名前は日を追うごとに

聞こえなくなってきました。

 

しかし、ビットコインは生きていたのです。

 

なぜか。

 

それは、ビットコインが完全非課税のお金だからです。

 

ビットコインはバーチャル貨幣ですので、

日本では税金がかかりません。

 

それは世界も同じです。

現在、わかるだけでも税金をかけているのはドイツとシンガポールのみ。

 

ネット上で取引が完了し、

なおかつ、世界共通。

 

簡単に言えば、税の掛けようがないのです。

 

これを利用して世界の富裕層

ビットコインにお金をどんどん換金しています。

 

そんな背景もあり、ビットコインの相場はうなぎのぼりです。

 

ここで、逆に日本円をアメリカドルで持っていると仮定します。

もちろん、アメリカドルは資産に組み入れられるため税金がかかります。

 

しかし、ビットコインで持っていたとすると、

税金がかかりません。(現時点ですが)

 

同じお金なのに、税金が掛かるものと掛からないものがあるのです。

 

「私は日本人だから、日本円だけ持っていればいい」

 

とおっしゃるかたもいるかもしれませんね。

 

確かにその通りです。

 

あなた自身、日本だけで生活をするのなら、

日本円だけ持っていればちゃんと暮らしていくことができます。

 

しかしあなたが大志を抱き、

世界の中で活躍すると願っておられるのなら、

こういった為替相場というものは覚えておいて損はないと思います。

(むしろ覚えておかないと必ず損をします)

 

私のブログを読まれている方は、

ただ普通の平々凡々の生活を送れればいいと考えている方は少ないと思います。

 

現状からレベルアップし、

生活の向上を強く思われている方ばかりだと思います。

 

世界のトレンドや、こういった投資情報に少なからず触れることにより、

せどりで得た利益をさらに大きくすることができるかもしれませんね。

 

話は少し逸れてしまいましたが、

ビットコインは今や世界のトレンドになりつつあるようです。

 

これからインフラが整備され、

もっと身近にビットコインの名前を聞くようなことになれば

投資対象として考えてみるのも「アリ」かもしれません。

 

しかしながら、私は投資しません。

 

理由は、

「現時点では損をするかもしれない」からです。

 

法整備も整っておらず、

ただ便利、非課税というだけでは投資の対象にはなり得ません。

 

ただ、買うなというわけではありません。

 

もちろん、投資対象としては今仕込んでおくのもアリです。

さきほど言った通り、

一度インフラが整備され、世界の常識となるようなことがあれば、

今の価値の数十倍に膨れ上がるでしょう。

 

今、日本でもそういったセミナーが全国各地で目白押しです。

 

あるセミナーでは120%世界が変わる!と謳っています。

 

ここで覚えておいてほしいことは、

投資に絶対はありません。

 

これまで絶対といって煽ってきた人間が

一度突発的な恐慌に飲み込まれ、消えていきました。

 

ビットコインだっていくら便利といっても

一度破綻した歴史があります。

 

また破綻しない保証はどこにもありません。

 

「モノは言いよう」ですが、冷静な見識と判断で見誤ることがないよう。

 

それでは今日はこの辺で^^

 

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

AmazonのFBAマルチチャンネルサービスで販路拡大

こんばんは^^

 

せどり投資家・夫婦せどらーの ピラ です。

 

今日はマルチチャンネルサービスについて書きます。

出品規制が掛かってからというもの、

販売できなくなった商品を自宅に返送される方も多いのではないでしょうか。

 

その前に、この記事を読んで参考にして頂ければ幸いです。

 

まず、マルチチャンネルサービスとは?

簡単に言うと、Amazonの倉庫(FBA)から、

ヤフオクなどで売った商品をお客様の元に発送することができるサービスです。

 

ヤフオクで売って、

Amazonの倉庫から送る(届ける)、というものです。

 

何もヤフオクだけではありません。

 

自社サイトやメルカリ、ラクマなどのフリマアプリで売った商品も

同様に発送することができます。

 

しかも、指示だけで。

 

自分は発送先を指定し、

手数料を払うだけであとはAmazonがやってくれます。

 

つまり、FBAを他のサイトでも利用できるということです。

私自身、このシステムを利用しようと考えています。

 

例えば、複数商品がある場合。

 

Amazonでは出品規制が掛かってはいるが、

10個も20個も在庫があり、

なおかつ回転の良い商品であった場合」はとても有効です。

 

ほぼ新品コンディションで出品しておいて、

ヤフオクでも同じように売ります。

 

どちらが先に売れても良いのですが、

もし、ヤフオクで先に売れた場合はこのマルチチャンネルを使って

お客様に即時発送します。

 

自分の手間は全くかかりません。

 

具体的な商品の事例ですと、

パナソニックのDVD-Rやブルーレイディスクなどが考えられます。

 

手数料はこういったメディア関係だと

通常便であれば403円で発送してくれます。

 

大型商品(170センチ〜200センチ)でも最大1415円で発送してくれます。

 

この金額、安いと思いませんか?

確かに運送会社と個別契約しておられる方には、

この金額が特段安いと感じない方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、手間が違います。

 

さきほどにも書いた通り、

複数ある商品の場合は手間が掛からないためとても有効です。

(同じテンプレートで売ればよいだけ)

 

ぜひ、この機会にマルチチャンネルを検討してみてください。

 

販路拡大にも良い機会ではないでしょうか。

 

私自身、使った時にはまたご報告したいと思います。

 

それではまた^^

 

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「時間がない」は理由にならない?

こんばんは^^

 

夫婦でせどりと投資をしている、ピラ です。

 

お正月も終わり、

今日から仕事はじめの方も多いことでしょう。

 

私も今日から本業の仕事初めでした。

この年末年始にかけてよく充電でき、

清々しい気分で仕事に行くことができました。

 

さて、今日はお正月に会った友人たちの話を紹介します。

 

みなさん、

だんだん歳を重ねるに連れて時間の早さに違和感を感じませんか?

 

学生時代に感じた1年と、

社会人として過ごす1年は果たして同じ時間の長さでしょうか?

 

圧倒的に後者の方が早く感じられるのではないでしょうか。

私は少なからず後者の意見です。

 

特に30歳を過ぎてからは

まさに「光陰矢の如し」です。

 

そんな違和感を私の友人たちは口々に言っていました。

 

さて、その原因はどこにあるのでしょう。

 

考えられるのは”仕事”ですね。

量に忙殺され、

時間を気にしながらの毎日という方は多いでしょう。

 

次に考えられるのは”生活環境”でしょうか。

独り身だった環境から家庭を持ち、

子育ては始めることによって今まで自由だった家庭での時間が、

制限されて自由がなくなったという方も多いはずです。

 

日本人はただでさえ働き過ぎ、

休まなすぎ、

残業することに意味があるという美学が一部でまかり通っている、

などなど、理由を挙げればきりがありませんね。

 

”時間がない”と皆が口々に言うのにも納得します。

 

それでは、どうすれば時間不足を補えるのでしょうか。

 

特に私たちのようにせどりを副業として行なっている人間にとって、

時間の確保は死活問題です。

 

ただでさえ本業に時間が取られるのに、

それに上乗せしてビジネスを展開しなければなりません。

 

”これまで”通りの動きをしていたら、

成果は出にくいでしょう。

 

私が行なっている時間確保法は、以下の3つです。

1)テレビをみない

2)飲みにいかない

3)遊びをせどりに変える

 

1)テレビをみないに関しては、

本当にただテレビをみないだけです。

 

これまでテレビをみる習慣のある人は、

これを実践するだけで1日2時間は浮くと思います。

 

「それでは情報はどこから入手するのか?」

 

という質問が来そうですが、

みなさんご存知のように、テレビ以外にも情報を得る手段はたくさんあります。

 

みなさん、オシントという言葉をご存知でしょうか。

 

オシント = オープンソースインテリジェンスの略です。

公開されている情報を得ることにより、自分の発信の源にするというものです。

 

私はこの手法を使い、

そして私自身のせどりの経験を織り交ぜながらこのブログを書いています。

 

私の情報源の中にテレビがないだけです。

もちろんあっても構わないのですが、

欲しい情報をすぐさま引き出せないのでテレビは使わないというだけです。

 

2)飲みにいかない

お酒が全然得意ではないため、

基本的に飲みにはいきません。

 

しかし、知人との情報交換の場には参加します。

仕事の憂さ晴らしに飲みに行くということが全くないだけです。

 

ですので休みの前日の夜は、

私が1番活動できる時間です。

非常に重宝しています。

 

3)遊びをせどりに変える

店舗せどりはまさにこの感覚です。

電脳せどりは”仕事”の意識が私は強いですね。

 

これまで休みは家族や1人で本屋や運動しに行っていましたが、

今は妻もせどりをするおかげで、

遊びがせどりに変わっています。

 

もちろん、毎回せどりばかりというわけではありませんが

行き先は遊びの目的で決め、

行った先々で時間があればせどりをする、というスタイルです。

 

副業でせどりをしている分、

ノルマもプレッシャーもほとんどありません。

 

マイペースでやっています。

 

それでも月に20万円以上は稼ぎます。

 

時間が無いと言う友人に話を聞いてみると、

1)ゲームをする

2)テレビをみる

3)仕事が忙しい

4)飲みに行く

5)ギャンブルをする といった、自己満足の時間が多くあることに気づきました。

 

決して否定するつもりはありませんが、

もし、今の環境を変えたいならば

時間が無いは理由にならないと思います。

 

環境は自分が変わらねば変わりません。

これはまぎれもない事実です。

 

明日から社長があなたの給料を100万円にしてくれることは

決してないでしょう。

 

しかし、自分が変わって行動すれば、

少なからず来月の手取りは増えます。

 

数ヶ月後には給料も抜くかもしれません。

 

しっかり時間を作り、行動してみてください。

 

それではまた ^^

 

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年間20万円利益が出たら、確定申告してください

こんにちは ^^

 

夫婦でせどりと投資をしている ピラ です。

 

今日は間近に迫る、

確定申告について書きたいと思います。

 

せどりは”副業”としてされている方がほとんどだと思います。

利益、どのくらい出ているでしょうか?

 

月の利益計算は、

売上 ー 仕入金額 ー 経費 ではありませんのでご注意ください。

 

正確には、

売上 ー (月初在庫金額 + 当月仕入金額 ー 月末在庫金額) ー 経費

となります。

 

一言で経費といってもさまざまですが、

大まかには通信費、交通費、家賃などが含まれます。

 

この計算方法については後日詳しく書きたいと思います。

 

さて、今日私がお伝えしたいのは確定申告についてです。

タイトルにも書いた通り、年間20万円以上の利益が出た人は確定申告対象です。

 

必ず申告してください。

 

「ぎりぎり20万円くらいの利益だから今回はしなくてもいいや〜」

なんて思ってはいけません。

 

必ず申告してください。

 

私が思うに、

副業をしている = 確定申告 すべきです。

 

なぜか?

 

それは、あなた自身を守るためです。

 

納税は国民の”義務”です。

 

脱税は”犯罪”です。

 

”犯罪”を犯すと、商売ができなくなります。

それ以上に社会的信用までも失い、生きていくことさえままならなくなります。

 

脱税し、巨額の追徴課税を収めればそれで済めばまだいい方です。

多くの脱税者は社会から追放されているのが現実です。

 

国税庁を決して甘くみてはいけません。

今、せどりで生計を立てている人は日に日に増えています。

 

聞いた話ですが、国税庁はネット販売業者(個人)を狙っているといいます。

 

簡単に始めることができ、

大きな利益を簡単に稼ぐことのできるこの業界は、

脱税者の宝庫です。

 

実際、いきなり家に押しかけられて、

「追徴課税数800万円です。」

と言われた方もいます。

 

きれいに商売を今後も続けていくことに意義があります。

 

継続こそ力です。

 

そのためにはルールを守る必要があります。

 

プレイヤーは必ずルールを守ってくださいね^^

 

それではまた^^

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

【雑誌掲載のお知らせ】

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本業の方もようやく落ち着きを取り戻し、

また毎日の情報発信をする体制が整いました。

 

より良い情報を発信していきますので

どうぞご期待ください。

 

さて、2017年最初の記事です。

 

私たち夫婦が雑誌に掲載されましたのでご紹介します。

その雑誌とは、

BIGtomorrow(月刊)2月号です。 ※12月24日発売

 

f:id:sedori_investor:20170101030311j:plain

 

私の師匠である、クラスター長谷川先生のご紹介で

今回掲載させて頂くことになりました。

 

こちらの雑誌ではお馴染みのコーナーである、

「夫婦で副業!目指せ1億円」

というページです。

 

100人以上もの”月商100万円超えせどらー”を

輩出している長谷川先生のスクール生の中から、

私たちが「夫婦でせどり」をしているということで

今回ご指名を頂きました。

 

今回こちらの雑誌に掲載されたということで、

私自身の存在が多少なりとも実在するものであるということが

読者のみなさまにはご理解頂けたのではないでしょうか。

 

セブンイレブンをはじめとする全国コンビニや

書店にも同雑誌は置かれています。

 

見かけられた際にはぱらぱらっと見ていただければな、と思います。

 

それでは今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

Amazon出品制限でせどりから退場した後、楽天市場は有効手段か

おはようございます。

 

※激務のため、更新がここのところまちまちで申し訳ありません。

年明けには業務も落ち着き、また毎日のようにより良い情報を

お届けするように頑張っていきます。

 

今日はAmazon出品制限の話です。

 

今のところ、19社に及ぶAmazon出品制限が始まってから

解除した!という情報は残念ながら入っていません。

 

せどりを始めたばかりの人も、

これからはじめようと考えていた人にも、

かなりの衝撃が走ったのではないでしょうか。

 

タイトルにも載せた通り、

私のせどり仲間(せどり歴半年・月収10万円)は

今後他の副業を視野に行動していくと宣言しておりました。

 

少しばかり寂しい思いがしますが、

個人の選択は自由です。

 

次に始めた副業で大成功を収めることを願っています。

 

さて、せどりからの退場を選択します。

今後はどのような副業が考えられるでしょうか。

 

ネットに限らず、体を動かしての実労働でしたら

星の数ほど仕事はあります。

 

今日はすべての副業を網羅することはできませんので、

私が考えるせどり以外の副業で、

楽天市場に出品するということについて書いていきます。

 

やっぱりネット販売でいくのなら、

楽天に出店しよう!」

というふうに考える方が多いものです。

 

事実、私は以前楽天市場に出店した経験があります。

(個人ではなく、以前勤めていた会社の立ち上げで)

 

結果から言って、私はおすすめしません。

 

楽天 = いきなり売れる は妄想です。

確かに、一部のトップ店舗は桁違いの売り上げを誇っていますが、

その数はほんの一握りです。

 

高額な登録費用や継続費用、

コンテンツ追加に伴う経費の増大は楽天市場の大きなデメリットです。

 

こんなことを書くと楽天の方に怒られるかもしれませんので断っておきますが、

「最初から自社サイトを作るのに楽天市場からスタートするのはおすすめしない」

と言っているだけです。

 

ある程度ネットショップの運営に精通し、

自社商品がネット需要にマッチした商品、

マッチするであろう商品ならば、

楽天市場は販路拡大からの面から言えば非常に有効だと思います。

 

そもそも、これまでせどりをしていて

商品仕入れが店舗のみという手法では無理があります。

 

ECサイトを持つということは、

専門分野に特化するということです。

 

何でも屋は成功しません。

 

大々的に宝石・時計を売っています。

下にページをスクロールしたら魚介類も売っています。

 

こんなお店で商品が売れるでしょうか。

 

極端な例かもしれませんが、

こういうことです。

 

消費者はネットを検索することで

「買う理由」を探しています。

 

同じ商品、類似商品は星の数ほどあります。

 

そんな中、自分のお店が選ばれるためには、

専門性に特化し、選ばれる理由をアピールしなければなりません。

 

そのため、せどらーの何でも屋は通用しないわけです。

(家電などに絞って特化するなら可能性はありますが・・・)

 

少し話が逸れてしまいましたが、

せどりの商品を楽天に持ち込んでも

売れなくはないでしょうが、経費をカバーするまでには

相当な努力が必要です。

商品数も幅と量の双方で拡大しなければなりません。

(ちなみに月額登録料で50,000円掛かります)

 

ここだけ考えても楽天でなければならない理由は見当たりません。

 

お金は使うのは自由です。

 

楽天に投資するのも簡単ですが、

今一度、お金の使い道をよく考えてみてください。

 

お金を出すのはいつでも出来ます。

 

有効な投資手段を吟味された上で最上の投資を行ってください。

 

次回は、

ならば楽天以外の手段とは という内容で記事を書きます。

私が以前立ち上げた自社サイトを実際に紹介しながら

ネット販売の手法について少し詳しく説明します。

 

どうぞご期待ください。

 

それでは^^

 

※今回の商品情報はお休みします。ご了承くださいませ。

 

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ