読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどりで投資家になれた夫婦のブログ

貯金、社歴、肩書、なにもないサラリーマン夫婦が、本1冊を手にせどりを始め、月5日の活動で月商100万越え、月平均副収入20万超えを実現。赤字生活にもサヨウナラ。今では副収入のほとんどを投資にあて、資産を形成中。

出品制限を”恐れない”ということ

こんばんは。

夫婦で仲良くせどりしてます、ピラです。

 

出品制限ってみなさんご存知でしょうか。

その名の通り、出品するのに制限が掛かっており、

解除するにはある一定の条件を満たさなければならないものです。

 

例)

・コスメ

・服&ファッション小物

・食品&飲料

・ヘルス&ビューティー

・ジュエリー

・ペット用品

・シューズ&バッグ

・時計

 

以上がAmazonが設定する制限ありのカテゴリーになります。

 

解除する方法はカテゴリーによって違いますが、

代表的なものは仕入証明書の提示です。

 

これはレシートではなく、

メーカーもしくは問屋から発行された

伝票もしくは請求書(明細内容有り)が必要となります。

 

いわゆる、出品者のフィルターみたいなものですね。

今後もこの活動は推奨しているようで、

さらなる制限がくることが予測できます。

 

そんな中、12/8 Amazonアカウントスペシャリストより

ソニー
・キャノン
エプソン
・ブラザー
パナソニック
富士フィルム
ニコン
・リコー
ペンタックス
他全19社

 

この19社の製品について

出品制限が掛かったとの連絡が入っているようです。

 

「いるようです」と書いた理由は、

全出品者に対して連絡されたわけではないようです。

 

事実、私の元には来ておりません。

 

そして全商品が対象というわけでもないようです。

(今後全商品が対象となっていくかは不明)

 

こういった情報はセラーには厳しい情報かもしれませんね。

上記19社の製品といえば

稼げる商材が目白押しです。

 

その商品に制限がかかるということは確かに痛手かもしれません。

 

しかし、私はあまり痛手とは思っていません。

みなさんも全くと言っていいほど心配しなくても良いと思います。

 

それはなぜかというと、

・出品許可を取ればいい

・自己発送で販売すればいい

・それでも売れなければ他のサイトで売ればいい

といった逃げ道がいくらでもあるからです。

 

私は以前、

トライアルで半額になっていたツインバードの掃除機を仕入ようとしたことがあります。

しかし、調べた結果Amazonでは制限が掛かっており販売できず。

 

諦めきれなかった私はヤフオクで売れないかと考え、

ヤフオクの落札相場を調べました。

 

そうするとしっかり利益が出そうではありませんか。

 

迷うことなく仕入れ、実際にヤフオクで販売。

出品作業の手間は確かに掛かりはしましたが、

無事3個売れていきました。

 

これはあくまで一例で、

確かに私がただついていただけかも知れません。

 

しかし、販路が複数あることは間違いありません。

ヤフオクのアカウントがなければ

昨日紹介したメルカリなんていかがでしょうか。

 

楽天のIDさえあればラクマ(楽天運営のフリマアプリ)でも販売可能です。

ヤフーショッピングでも出品登録だけなら無料です。

 

本当に考えるだけでもたくさん販売する方法はありますよね。

出品制限・・・恐るるに足らずです。

 

実はこういったものを紹介する理由が他にあります。

むしろこっちの方が大きいかも知れません。

 

それは、ネット販売のリスクマネジメントです。

 

Amazonせどりで稼いで、

軌道に乗り、

毎月月収で本業の給料を抜くようになりました。

 

しかし、そんな矢先に

ひょんなミスでアカウント停止に。

もしくはAmazonがせどらー販売禁止措置を講じたりすることも。

 

泣こうが喚こうが、Amazonは待ってくれません。

そしてその先にあるものは破滅です。

 

出品していた商品は強制的に返送されます。

最後に残るのは仕入れたはいいが行き先のないお宝達。

 

さぁ、あなたならどうしますか。

 

そうです。

販路さえ別に作っておけば問題ないのです。

何もAmazonだけがネット販売ではありません。

 

本当にネットでモノを売るプラットフォームはいくらでもあります。

ぜひ、Amazonに慣れたら次は他の販路でも試してください。

 

利益の取れ方が変わってきますよ^^

 

◆◇旬なせどり情報◆◇

これもヤマダ電機で仕入れました。

実はこれ、店頭には1色しか置いてない店舗がほとんどだと思います。

私は仕入れた2店舗とも他のカラーが在庫として置いていました。

店頭サンプルは無しの状態です。

売れるはずもなく、在庫はたんまりあります。

【商品名】

シャープ カラー電子辞書Brain 高校生モデル ブラック系 PW-SH2-B

https://www.amazon.co.jp/dp/B00SCILK8I

 

【仕入店舗】

ヤマダ電機

@17,928 → 23,800円

 

電子辞書は春先は爆発しますね。

今から仕込んで寝かせるのもアリです。

 

最後に、私結構寝かせるの好きです^^

 

それではおやすみなさい。

 

ブログランキングにエントリーしました☆

↓ ↓ 応援クリックお願いします^^ ↓ ↓

人気ブログランキングへ